自分をプロデュースする方法

自分をプロデュースする方法

みなさん、こんにちは^^

今日はいわゆる『自己紹介』について

ちょっと役立つ情報を教えちゃいますね☆

『カフェ会』のようなイベントはもちろん

ビジネスシーンにおいても自己紹介って

とっても大切な第一歩ですよね。

というのも。

第一印象は

最初の7秒で決まる

と言われてます。知ってました?(@_@)

(前回次に会いたいと思われる人って?~身だしなみ編でも記載。改めて大切なことなので)

さらに

その7秒で失敗した場合、

その第一印象をひっくり返すには、約2時間じっくり

話し合わなければならないと言われています。。。

2時間なんて自分の印象を覆す前に

『カフェ会』そのものが終わってますよ!?

そのくらい、人との出会いにおいて

『自己紹介』の果たす役割は

大きいということがわかりますよね?^^

『自己紹介』をクリアするだけで

相手に親近感と安心感を与え、

なおかつ、以後の話も好感をもって

聞いてもらえるようになるんです☆

自分を覚えてもらうこと=自己紹介です。

自己紹介をする目的は、自分自身を覚えてもらうことです。

それ以外にはありません。

それを念頭に読んでみてくださいね^^

姿や形で印象づける

・人は話を「見ている」

 ・人の目を見て挨拶を

 ・話すネタは一つでいいので準備を!

 ・緊張する人はこっそりおうちでも練習しちゃいましょ^^

話を見ている、ってわかります?

最初の自己紹介の場合は、話を聞いているのではなく

その人を「見ている」んです。

誰かが自己紹介してる時って

その内容よりその人を見てませんか?

だから7秒なんです。

「人が相手をの第一印象を判断する時、どこに比重をおくか」という調べに対し、

「表情:55%」

「音声:38%」

「会話:7%」

というデータが存在します。

自己紹介で考えると、ほとんどが表情と声で決まるということです。

とくれば、必要なスキルはもうわかりますよね?^^

『笑顔』

そして

『心地よい声』

を心がけてみてください!

声に関しては、男女問わず

ほんの少し普通より高めの声が

通りやすく、聞きやすいといわれていますので

それを心がけるだけでも変わってきますよ^^

共通点をみつけられるような話題を

自己紹介の目的は、自分を覚えてもらうこと。

他人は、興味なしにあなたを覚えようとは思いません。

あなたの”何か”に興味を持つから覚えてもらうことができるのです。

なので掴みの会話はなるべく

『人の共感の得られやすいもの』にしましょう☆

例えば

出身地、出身校、好きなスポーツ・食べ物・飲み物などなど

もう一つ、

『興味を持ってもらえそうな話』をするのもGOOD!

好きな名言、変わった趣味、打ち込んだ趣味などなど

相手が話しやすくなるようなネタや、

印象に残る話ができれば、自己紹介は成功です^^

いっぱいやることありすぎ!

全部つめこめばいいの!?

その答えは『ノー』です。

最初に書いたように、最初の7秒で

笑顔と声で印象つけたら

後は、ひとつかふたつでいいんです。

最初と最後は当たり障りなく、

途中にちょっとだけオリジナリティを入れる。

それ基本です。

終わり際は、できるだけ爽やかにひきましょう。

自己紹介のNG

・声が小さい

 ・むやみに長い自己紹介

 ・笑いをたくさん取りにいく

これらはNGですので気をつけましょうね。

つまり、長ければいい。

笑えるネタをいれればいい。

というのは諸刃の剣なんですね~

このへんの匙加減は、プレゼンスキルのセンスですが

みなさんならそのスキルを取得できるはずです!

それにね

これをみにつけたら、それこそイベントだけじゃなくて

ビジネスシーンだって、なんだってあなたが主役になれますよ^^

 

『人は話は聞いていないが、見ている』ということを

ぜひ覚えていてください。

話の内容よりも、態度や話し方や笑顔などを見られているということです。

まずは、最初の7秒をクリアしてくださいね^^

合言葉は、「最初の7秒」ですよ♪

だいじょうぶ!

あなたならできますよ☆

がんばりましょ♪^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加