起業やビジネスをする上で多くの人が勘違いしていること

起業やビジネスをする上で多くの人が勘違いしていること

こんにちは、サポートカフェ交流会です!

現代、世の中は起業や副業、ビジネス、フリーランスなど個人で仕事する人が増えてきている傾向にあります。

ただその中ですべての人がうまくいくかというと、、そうではありません。

実際、起業して1年で倒産する会社が殆どというデータが出ています。

その中でうまく続けていくため、やりたいことをやっていくには何が必要か、、、

先日話していた起業願望がある若い方がいらっしゃいました、

こういうことをやりたい、こういうこともやりたい、

最終的にはこんなことをやりたい、

目標と夢があって意識の高い素晴らしい方でした。

では、今は何をやっているんですか?と私が聞くと

今はお金を貯めるためにサラリーマンを頑張ろうかなということでした。

まずですが、このことを聞いて私が言ったことは

なぜ、今、やりたいことをやらないのか?

ということです。

やりたいことや目標があるのであれば今すぐにやればいいと思います。

なぜ、先延ばしにするのか?先延ばしにする必要があるのか?

理由はお金が必要だからということでした、

確かに何か事業をする上で少なからずお金は必要です。

しかし、お金なんて本気でやろうと思えば準備できるものなんです。

今は事業を始める上で助成金が出たり、お金を借りたりする仕組みもたくさんあります。

やろうという気持ちがあれば少なからずその準備をするはずです。

中途半端にやるからうまくいかないんです。

それでやらないのであればそのことがやりたいことではないのか、

“自信がないのか”のどちらかです。

ここからが本題です。

ここまで言っておいて、こういうことをいうのは少々おかしいかもしれませんが、今すぐお金を借りて事業を始めるのは私はあまりお勧めしません。

なぜならお金を準備して事業を始めてもすぐにうまくいかない可能性が高いからです。

事業を始める上で必要になるのはお金、、、

確かにお金があれば始められます。

そうです、始められるだけなんです。

始めるのが目的なのであればお金さえあればいいでしょう。

起業するのも同じです、お金さえあれば起業できます。

調べてやるだけなので誰でもできるものすごく簡単なことです。

ただ、あなたがやりたいことは、起業すること、事業を始めることではないはずですよね?

起業して、事業を始めてうまくいく、成功する、そして目的・目標を達成する、、、

そういうことを求めているはずですよね??

そうです、大事なことは事業や会社をうまく利益を上げ継続させていくことです。

そこが見えていないから事業・ビジネスやったけどうまくいかない、、、

起業したけど1年でつぶしてしまった、、、

そういったことが起こるのです。

こういうことしたい、、こうなりたい、、起業したい、、事業をおこしたい、、

そこで本当に必要なもの、、、、

それはお金ではありません。

それは、「力(ちから)」です。

この「力」がある人はどんな事業をやっても、起業しても、ビジネスやっても、うまくいく可能性がかなり高いです。

最初に例に出した方もやりたいことがあるのにもかかわらずそれをやらない理由、それは自信がないから、その自信を引き出す「力」がないんです。

もう一度言いますが、まずビジネスや事業やりたいことがある人や成功したい人、なりたい像がある人は、まず「力」をつけましょう。

その力をつけることこそが事業を成功させるための秘訣で唯一の方法です。

仕組みがいいからうまくいくなんてことは絶対あり得ません。

仕組みとは、すでにその「力」がある人がその「力」をより有効的に使うためにあるものです。

だから仕組みがいいからうまくいくなんてこともなければ全員がうまくいくなんてこともないわけです。

そして、そのことがわかったら今から始めることは、力をつけるためにまず何かを始めるということです。

私がイベントをやっている理由の一つに、この「力」をつけるということがあります。

イベントはなぜ力がつくのかというと、そのイベントの時間だけ主催者はその場のオーナー、経営者になるからです。

その1時間~3時間の間だけ経営者を経験できるとはどういうことか、

わかりやすく飲食店の経営と比較して言うと

飲食店経営はその日、その月で売り上げを管理し、来店者に値段相応の価値を提供して満足して帰ってもらい、気に入った人はまたリピートしてきてくれてそれが売り上げにつながります。だから接客もきちんとやるし、よりいいサービスを提供しようとします。

イベント主催者はその時間で売り上げを管理し、参加者に値段相応の価値を提供して満足して帰ってもらい、気に入った人はまたリピートしてきてくれてそれが売り上げにつながります。だから接客もきちんとやるし、よりいいサービスを提供しようとします。

同じですよね??

媒体が違うだけでやっていることは同じです。

そしてメリットとして大きく違うのは資金面です。

イベントは小規模であれば殆ど経費がかかりません、カフェ会のようなものだと

人数が集まらなかったとしても赤字になるということ自体あまりありません。

自分自身で店舗をもって多額の初期費用をかけてやるよりも、そしてそのためにお金を貯めるということよりも、事業をやった時に成功できる「力」をつけるために、まずは、そういったイベントをして、お金を使わず、自分自身で「力」をつけるのもよいのではないでしょうか?

その「力」とは具体的にどんなものか、、、

知りたい方はコチラのブログで

https://support.eventz.jp/2017/06/10/post-1209/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加