相手に印象付ける自己紹介とは?

相手に印象付ける自己紹介とは?

初めて出会う人や交流会にいったとき、自己紹介は自分を印象つける最初のポイントです。しかし、自己紹介というものを苦手とする人が多く、難しい印象があります。

今回は自己紹介の基本的な流れと、相手に印象つけるポイントについて説明します!流れ

自己紹介=自分を印象づけて覚えてもらうことです。

目的は、相手に自分を覚えてもらうことを最優先とします。

そのために流れの中で行うポイントは次の通りです。

ポイント①ファーストコンタクトで姿勢や立ち振る舞いから好印象を得る。

人の第一印象は5~7秒で決まると言われています。その第一印象を覆すには、数時間話し合う必要があると言われています。

また、メラビアンの法則というものがありますが、「人が相手を判断する時、どんな情報をもとにしているか」という調べに対し、「視覚55%」「聴覚38%」「会話7%」というデータが存在します。つまり自己紹介では話の内容よりも、ほとんどが姿勢や立ち振る舞いなどの見た目によって決まるという事です。そのため、笑顔で胸をはり堂々とすることで好印象に変わって行きます。また

、清潔感が表れるような格好を心がけ、マイナスイメージを与えないようにすることが大切です。髪型を整える、服のしわをとる。などエチケットも重要になります。

ポイント②話しやすいキーワードを入れる。3.共通点を見つけられる話をする

自己紹介では相手に興味を持ってもらうことが重要になります。興味を持つという事はその人を覚える事に繋がります。従って、話す内容はなるべく『人の共感の得られやすいもの』にすべきです。

出身地、出身校、部活動、趣味、好きなスポーツなど

相手が話しかけやすくなるような話題や、印象つけられる話ができれば、良い自己紹介だったと言えます。また、ポイントで笑いなどもとれるとより良い自己紹介となります。

ポイント③想いをのせて話をする。

メラビアンの法則からもわかるように、どんな会話をしたかというのは相手の印象には残っていません。それより想いをのせて話することが重要になります。趣味の話であれば楽しそうにすることや、仕事の話であれば熱意をもって話する事で、印象に残りやすくなります。また、ボディーランゲージなども使いながら話をする事でより感情を表現しやすくなるでしょう。

いかがでしたか?今回は相手に印象付ける自己紹介について話をしました。ぜひ、ポイントを会話の中に取り入れて好印象を持ってもらってください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加