知っておくべきビュッフェ/立食パーティーのマナー

知っておくべきビュッフェ/立食パーティーのマナー

最近はビュッフェスタイルの立食パーティなども多くなっていますよね!立食パーティとは、席などはなく自由にたったままで飲食し会話する形式のパーティーです。しかし、ビュッフェや立食パーティーでも細やかな立ち振る舞いやマナーが必要となります。中には意外な落とし穴も・・・

今回はビュッフェスタイルの立食パーティーのマナーを紹介しています。

しっかりと確認をしてスマートな立ち振る舞いをできるようにおきましょう。

ビュッフェ/立食パーティーのマナーとポイント

・荷物は少なめにして大きい物はクロークへ

ビュッフェスタイルのパーティーでは料理やドリンクを持って、会話をするため大きな手荷物は、邪魔な存在となります。パーティーの際は大きな荷物は持たず、軽装で参加するようにしましょう。会場にはクロークもあるので大きな荷物は預けるようにしましょう。コートや冬場の上着なども同様です。

・ビュッフェの食べ方と順番

ビュッフェで料理をとって行く際は、基本的に時計回りでとって行きます。逆回りになると列を乱す事になるので注意して行きましょう。いきなりデザートやメインをとるのもマナーに欠ける行為なので注意して行きましょう。また、料理をとる際は盛りつけを崩さないように、上の方からとっていくようにします。また、料理を山盛りに取り分けるのは良くありません。見た目もそうですし、こぼして周囲の方の服や会場を汚しかねません。料理を盛り付けるのは、1度でだいたい2、3品が丁度良いでしょう。見た目も美しく、自分が食べきれるだけの料理を取り分けましょう。

・色々な人との会話を楽みましょう

多くの方が出席するパーティーでは初めてお目に掛かる方も多いと思います。立食パーティーの目的は食事を通して会話を楽しむ事にあります。そのため、料理をとったら一カ所にとどまらずに移動をしていくようにしましょう。また、顔なじみの方だけと会話するのもせっかくの機会を台無しにしてしまいます。初対面の方でも笑顔で積極的に話しかけて多くの人と交流して行きましょう。また、会話中は食事の手をとめて耳を傾けるようにしましょう。またスピーチなどが始まった際には、参加者同士の会話を止めて皿をテーブルなどにおくようにしましょう。

・カトラリーの使い方やお皿、グラスのマナー

料理を取り分ける時は、右手にスプーンを左手にフォークを持ちます。スプーンで料理をすくってから、フォークで抑えます。また、お皿をテーブルに置くときは、ナイフとフォークで八の字に置くようにしましょう。お皿の位置は手前におくようにするのがマナーです。

また、コールドドリンクなど水滴がたれるものはグラスのをナプキンで包むと床を汚さずスマートになります、

ます。

・椅子について

壁側など、立食パーティーの会場には必ず用意されている椅子があります。これらは気分が悪くなった方や年配の方のためのものです。休憩で少しの間座るのは構いませんが、それ以外は基本的に空けておくようにしましょう。

いかがでしたか?意外と意識できていないマナーもあったのではないでしょうか?スマートな立ち振る舞いをできるように、意識して立食パーティーに臨んでみてくださいね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加