夏のダイエット注意すべき3つのポイント

1.デスクワーク・間食

頭を使うと甘いものが欲しくなりますね。
その際に食べるお菓子が炭水化物が痩せにくくする原因になります。

①頭を使うことで体が満腹感を求める。
②満腹感を埋めるためにお菓子、炭水化物は良いと多くの人は感じている。
③しかし頭の回転だけだと、糖質は分解されず、痩せない。

糖質は運動で分解されます。おなかが空いた時は、ナッツやアーモンドなどタンパク質の食べ物を食べましょう。

2.飲み会で痩せない。

夏に多くなる飲み会。飲み会がダイエットに繋がる要素はゼロに等しいです。アルコールは糖質として分解されます。また、つまみなども油と塩分がとても多いです。強い意志を持って時には断ることも大切です。

3.健康管理がずさんで痩せない

こんなことありませんか?
• 仕事のストレス解消のために食べてしまう。
• 身体に異変が起きても仕事を優先して行く。
• 周りの目を気にして休暇とらない。
仕事を優先しすぎるとカラダに負担がかかり、代謝効率も下がってきます。また、ストレスはダイエットの大敵です。ある程度割り切って仕事に臨むようにしましょう。

逆に次のようなことを守ると、生活からダイエットにつながります、

1.適切な労働時間

まずは適切な労働時間。
「なかなか帰れる雰囲気じゃない」と言う労働環境は、あなたの健康にとって害になります。
時間を有意義に使うこともは重要です。働かないといけないという古い考えは捨てて、プライベートの時間も有意義に使うようにして行きましょう。

2.健康管理

本来ダイエットは健康管理を意味する言葉です。最適なから仇の状況にもっていきましょう。特に運動と食事は自分で管理するしかありません。一度ライザップなど大手企業のダイエットノウハウを学びに行くのもてかも知れません。一生を変えることができるのであれば安い物です。

3.人間関係を良好に
ストレスとなる人間関係は、早めに切り捨てましょう。ストレスはダイエットの大敵となります。
人が関わるべきは、ダイエットやあなたのやりたいこと、活躍を応援してくれる人です。愚痴、泣き言、不平不満などが多い人との関わりは避けて行きましょう。

いかがでしたか?あなたがダイエットに上手くいかない原因が、一つでも当てはまるかもしれません。周りに流されず、自分の考えをしっかり持って行動していきましょう。

カラダは一生扱うものです。正しいメンテナンス方法を理解していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加