潜入レポート 大人の秘密基地での合コン

こんにちは、サポートカフェでイベントを主催しているミッチーです。

今回、私は高級住宅街麻布にある大人の秘密基地なる場所で行われる合コンに潜入してこようと思います。

そもそも大人の秘密基地ってなんぞや?

なんか怪しいぞ(笑)と思いますよね。

調査してきます!

平成も終わろうとする2019年の春、私はその大人の秘密基地に潜入すべく都営大江戸線赤羽橋駅から現地に向かいました。

駅から歩くこと5分ほど、このビルの地下一階が問題の場所です。

一見普通のビルです。

車を停めるスペースのところからビルに入ります。

ここまでは普通。

階段が見えてきました。

その階段を降りていきます。

うん、段々と秘密基地なかんじがしてきたぞ(‘∀‘)

地下一階に降り、ゆっくりと扉を開けます。

オフィス兼パーティースペースというこの秘密基地、陽気なオーナーさんがお出迎え。

中はけっこう広いな。

室内に案内されると驚きの光景が!

部屋の真ん中に何かある。

ん?流しそうめん?

合コンなのに部屋の真ん中に鎮座する流しそうめんの装置。

そう、大人の秘密基地で行われるのは流しそうめん合コンだったのです。

なんてユニークな\(゜ロ\)(/ロ゜)/

しかし、驚きはこれだけではありません。

部屋の奥に目をやると、室内に普通ないものがあるではないですか。

この画像がそれです。

室内にテントがある!?

ここ本当にオフィスなのか?(笑)

ちなみにオーナーさんは近くに住んでいて、テントの中で寝ているというわけではないとのこと。

さて、そんな場所で行われるユニークで怪しい合コンの始まりです。

場所のオーナーが司会役(オーナーは人数に入っていない)で、男女それぞれ人を誘う役の人がいて3人ずつ友達を誘う4対4の合コンでした。

たこ焼き

自己紹介が終わると、机の上のたこ焼き器でたこ焼きをみんなで作ります。

この合コンはアクティビティを織り交ぜたものになっていて、ただの着席型の合コンではないんですね。

さぁこれからたこ焼きを作るぞとなった時にオーナーから一言。

「何か変わった具を買ってきて」

ん?あらかじめタコなどたこ焼きをするのに必要なものは一通りそろっているが?

そして、買い出しのじゃんけんをすることに。

じゃんけんぽん!

じゃんけんで勝った男女1名ずつがすぐそこのスーパーまで具を買いに行きます。

なるほど!参加者からしたらちょっとしたハプニング、もしかしたら男女同士で親密になれるかもしれないですね、面白い!

参加者二人は成城石井の高いお肉をチョイス、無事たこ焼きをみんなで作り、楽しむことができました。

流しそうめん

さぁ、いよいよ問題の流しそうめん。

テーブルで麺をゆでて準備完了!

いざ、流します!

ここでも流すのは男女ペア二人、残りの人は食べる側です。

スルスルスルー、意外にとるの難しいです。

しかも皆さん譲り合いの精神(笑)

しばらくすると流す人は交代です。

みんな美味しく楽しく流しそうめんをしていました。

テレビゲーム

最後は皆で部屋の奥へ。

例のテントの中に入ります。

謎のテント、中には。

円卓、テレビ、ゲーム機。

たこ焼き→流しそうめん→テントの中でゲームという流れですね。

ゲームソフトはずばりマリオカート。

男女ペアで一周毎に交代するというチーム戦です。

なるほど、これはすごく盛り上がる!

合コンは3時間でしたが、アクティビティを織り交ぜた合コンは楽しくあっという間に終わったというかんじでした。

大人の秘密基地での合コン、次は僕も参加したいっす(笑)

ということでオーナーさんと仲良くなったので僕主催で大人の秘密基地でのアクティビティ合コン主催しちゃいます!

詳しくはサポートカフェのサイトをご覧下さい。

https://support.eventz.jp

以上、ミッチーの潜入レポートでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加